着付師の海外生活、 ローマでのあれこれ

by kanasakana

花嫁さまの着付

チャオ!ダニエラです。

ローマは、毎日毎日暑い日が続いていますが、皆様お元気ですか?

さて、アップがものすごく遅くなりましたが、5月17日に結婚された花嫁様のお着付けについてご報告します。

今回のお着物を初めてみたときは、ちょっと地味かなあっと思ったのですが、意外の意外。
ダニエラの予想に反して、とても上品で素敵な花嫁さんとなりましたよ。

c0021376_6175149.jpg




花嫁様は、誰もがうらやむ背が高く、ほそーいモデル体型(ステキ!)
しかしながら、着物を着る上では、そんなステキな部分がマイナスになることもあるんです。
まず、背が高いと帯から下部が長くなりアンバランスになります。帯の幅を出し、バランスを整えたり、帯型を
下にバランスを持ってきたりと、そんな気配りが着付師の腕の見せ所です。

ありがたいことに、お着物はちりめん地。凹凸がある生地なので、細い方でも体をふっくら見せてくれるんです。

帯型は、夕月というお太鼓型にしました。お太鼓型は、下に重みがありバランスが取れます。
ちょっと落ち着いた形が多いお太鼓型ですが、夕月はお太鼓の上に重なるように羽があって、動くとゆらゆらゆれるとてもかわいい帯型です。
c0021376_6181971.jpg


この帯締め、2本の帯締めを1本にあわせて使うものなのです。色に合わせて、片側だけ色が変えられるんですよ!すごいですね。
c0021376_6184641.jpg


着付をご希望の方は、どうぞお気軽にメールにてお知らせくださいね。
[PR]
by kanasakana | 2009-08-03 21:27 | きもの