着付師の海外生活、 ローマでのあれこれ

by kanasakana

スズキ100周年記念パーティ ミラノ

こんにちは!

10月1日にミラノでスズキイタリアのイベントに着付の披露ということで参加させていただきました。
youkosoイタリアに書かせていただいたので、ここでは裏話を....
c0021376_3203662.jpg




当日は、バックステージを担当するイタリア人や、日本の文化を紹介する人、イタリアスズキの担当の日本人で緊張感たっぷり。でもいいものをやろうというみんなの気持ちが現れてて、すごくいいムードでした。

さて、着付け学校に通った時代は、何度も試験で人前披露をしていたダニエラですが、今回は本当に久しぶり....イタリアで初の舞台披露でした。

海外で着物を着せるときは本当にいつもいろいろなハプニングがつき物。私も着物を着ての披露、長じゅばんを着た状態で入場で、時間は最大15分と大変タイトでした。土足の舞台で、着物を汚さず(笑)どう着物を着せるか。どこでぞうりを履くか、脱ぐか。着物や帯、小物はどのように運ぶのか...ちょっとしたことですが、外国人に理解しろといっても無理ですので、自分でオーガナイズするしかないんですよね。

面白い演出だったのは、着付けと一緒にダンスの披露があったこと。
c0021376_3475254.jpg

シチリアから来ていたダンサーの大西さんは、足も手もすごーく長くうらやましいモデル体形。でも、とってもお茶目なキャラで、私もモデルをやってくれた福田さんも楽屋であまりにも待ち時間が長かったこともあり、話が大盛り上がり。打ち上げもホテル近くのアジアンレストランで夜中までご一緒させていただきました。

c0021376_3411952.jpg

披露後のバックステージにて。私はライトで汗だくでした.....

最後にこのお話をいただいき、モデルをしてくれた福田さん、ダンサーの大西さん、それからイタリアスズキの皆さん、オーガナイズしてくれたversoriente、piano bの皆さんへSpecial thanks!!

本当にありがとうございました!!
[PR]
by kanasakana | 2009-10-03 03:12