着付師の海外生活、 ローマでのあれこれ

by kanasakana

9月16日お着付け報告

こんばんは、ダニエラです。
出張着付けの第2弾です。そして今回も偶然マルケ州です(笑)


今回は、花嫁様、お母様、そして花嫁様のおば様のお着付けをしてまいりました。
皆さん、暑さを考えられ夏のお着物を用意されてました。


さて、花嫁様は、やわらかい色使いのの涼しげな絽のお振袖。朱の小物が色のメリハリをつけています。
c0021376_5532410.jpg


花嫁様らしく、抱え帯、箱ぜこ、懐剣等のご用意もありました。こういったちょっとした小物の演出で、ぐっと花嫁様らしくなりますね。
c0021376_5523227.jpg


帯は、抱え帯があること、そしてお着物が古典調であったことから、立矢型の変わり結びです。立矢つぼみという帯型なのですが、今回さらに1枚羽を多くアレンジし、花嫁さんにふさわしく華やかにするため、少し大きめに結んでいます。背縫いにある刺繍紋がさりげなく着物の格を上げていますね。帯もやわらかい色合いなんですが、光が当たると予想以上にとても華やかになりました。
c0021376_5581221.jpg


お式と披露宴の着席のお食事が始まるまでの短い時間でしたが、快適にお過ごしいただけたようで何よりです。どうぞ、末永くお幸せに!!
[PR]
by kanasakana | 2012-09-16 22:34 | きもの