着付師の海外生活、 ローマでのあれこれ

by kanasakana

9月27日お着付け報告

こんにちは、ダニエラです。
またまた、出張着付けに行って参りました。
今回は、トスカーナ州Montepulcianoです。ワインがおいしい地域ですね。

今回は、結婚式の参列者の方の着付けでした。前回もローマ郊外の結婚式に参列されて、振袖をお召しになったリピーターのお客様です。ダニエラの着付けを気に入って下さってとてもうれしく思っております。

今回は振袖でなく、訪問着をお召しになるとのこと。
c0021376_17375194.jpg

橙色の落ち着いた色合いのお着物に白地の帯でした。ご本人がおっしゃるには、色合いが、暖色で全体的にやわらかく着慣れないお色なのだそうです。重ね襟、帯揚げはスカーフ等を使いご本人のお好きな色合いを加えることにしました。帯についても、お太鼓でなく華やかにするため変わり結びをご希望でした。

前回とは違う雰囲気の帯型をお勧めしようと思い、お太鼓型もお勧めしてみたのですが、動きがあって華やかさもある立矢が基本の帯型にすることにしました。ふようというお花をかたどった帯型です。
c0021376_17425135.jpg

左側が花の形、右上に花のつぼみが2つ、右下が葉をイメージしている帯型なんですが、左側は蝶にも見えますね。立矢といっても、斜めの昆布巻き(笑)を背負うような帯型ばかりではなく、こんな風に丸い形もあるんです。

ご本人にもとても喜んでいただき、私もうれしい1日となりました。
少し雨がちらついた1日でしたが、長い長い結婚式、快適にお過ごし頂けたら幸いです。
[PR]
by kanasakana | 2012-09-29 17:52 | きもの