着付師の海外生活、 ローマでのあれこれ

by kanasakana

ダニエラの名の由来は...?

Ciao, ダニエラです。コンピュータに向いすぎてヘロヘロです。
でも、やっと時間が出来たので、ブログの更新を一挙にします(笑)

ダニエラっていうと、もしかしてイタリア人??それともイタロジャポネーゼって思っちゃいますよね?
実は、私のカトリック名です。

カトリック信者になると、洗礼までにカトリックの名前を決めなくてはいけないのです。結構、皆さん悩んでますし、私もこれといってほしい名前がなかったので悩みました。
こんな時、主人がこんな話をしてくれました。
「実は、自分にはもう一人妹がいる。」と。
話をよくよく聞いてみると、主人の生まれた3年後、妹が生まれてきたのだけれど、死産であったんだとか。その後、両親、特にマンマはとてもつらい思いをしたかという話。今のあの二人からは想像も出来ないエピソードでした。その赤ちゃんは、青い目にブロンドの髪の毛だったとのこと。まさしく天使だったのかもしれませんよね。

そこで私。「これから血はつながってなくとも、家族の一員になる訳だから、だったらこの子の名、ダニエラをカトリック名に出来ないかしら?」
主人は、大賛成してくれ、後は彼の両親に聞いてみることになりました。

で、彼の両親はというと、初めは、死んだ子の名前でいいのかと、ちょっと躊躇っていたようですが、最後は快く承諾してくれました。


c0021376_8123950.jpg
堅信を受けているときの写真、パパ、マンマ二人が見守ってくれました。








この洗礼の式の後、マンマが私に言った言葉が今も胸に残っています。
「ダニエラ、これで、やっと私はあなたの第2の母になれたわね。」

お陰で、結婚後も嫁姑という関係のない私たち。(イタリアも姑問題はかなりだといいますし。)そうそう、カトリックの信者になろうと決意できたのも、マンマの信心深い、愛情深いそんな女性になりたいと思ったからなんですよね。
イタリア人とこれから結婚を考えている方、姑さんとの問題は確かに多いですけど、まあ、こんな家庭もありますからあまり気負いし過ぎないでくださいね。

c0021376_8104986.jpg


式の後、みんなで記念撮影。神父様は、カナダ人ですが、日本に30年以上もいらしたので日本語はペラペラです。
[PR]
by kanasakana | 2005-01-26 08:18 | コメント