着付師の海外生活、 ローマでのあれこれ

by kanasakana

第3回ローマ剣道大会

こんばんは、だにえらです。

昨年の10月ごろから、18年ぶりに剣道の稽古に出かけるようになりました。
イタリア人のDI CHIO先生、イタリア人の剣道仲間に支えられ、どうにか練習についていけるようになってきたのがつい最近。10代の若かったころとは、体力も、筋力も変化していることを認めつつ、剣を交える楽しみ、学ぶことの楽しみ、そしてストレス解消に(剣道家の方には怒られそうですが。)病み付きになっております。

今回はDI CHIO先生も主催者として大会準備に関わっていたので、思い切って出てみることにしました。が、数週間仕事で稽古もろくに出来ず出た試合ですから、結果はひどいもの。
大会に出た日本人は私1人でしたから、まあ恥さらしとおっしゃる方もいるかもしれません...
(日本人の方で、試合を見にいらしてた方もいましたので。)

でもダニエラの感想は、出て本当に良かった!ということ。
恥をさらすということは、場合によっては、とても大切なことなんです。お蔭様で、自分の弱さや、これからの目標が見えてきました。しかもダンナが、ビデオを撮ってくれていたので、これもすごく助かりました。ダンナさまありがとう!!

私の第一の課題は、体力。
運動を全くしない5年の間に、ものすごく体力が落ちてしまいました。慣れないイタリアの生活で、病気をしがちだったことも原因のひとつかもしれません。
少しずつ、続けられる範囲内で、走りこみと、素振り、筋力トレーニングをしていこうと思ってます。よいトレーニング方法をご存知の方、ぜひ教えてくださいね。

それから、ヨーロッパで剣道をされている方、剣道をしに行きたいと思っている方、是非ご連絡ください。ローマの道場で一緒に稽古をしましょう!!

最後にDI CHIO先生、ローマ修道館のみんなどうもありがとう!
c0021376_628029.jpg

[PR]
by kanasakana | 2008-06-22 22:04 | 剣道.スポーツ