着付師の海外生活、 ローマでのあれこれ

by kanasakana

カテゴリ:コメント( 10 )

私の居場所

ご無沙汰してます。ダニエラです。

ここ1年、日本とイタリアを行ったりしていました。
残念ながら、イタリアでのお着付けをお断りしたケースもありました。
今後もお着付けは、東京それからイタリアまたはヨーロッパ出張もお受けしていきたいと考えますが、上記のような理由により日本、またはヨーロッパどちらにいるかわかりませんので、まずはお気軽に
メールでのお問い合わせくださいませ。

ローマの旅行者用アパートのほか、東京にも旅行者用アパートをオープン致しました。
https://airbnb.com/rooms/6785470
こちらもどうぞよろしくお願い致します。
[PR]
by kanasakana | 2015-11-11 19:54 | コメント
お久しぶりです。ダニエラです。
全然更新してなくてすみません(涙)

メールは全てチェックしておりますので、どうぞお気軽にご連絡ください!

さて、2月3日節分の日に、ローマに雪が積もりました。
私がローマに来てから、こんなにきれいに雪が降ったのは初めて!
もう大興奮です!!

まずは降り始め...
2月3日午後3時ごろの共和国広場の様子
c0021376_8193946.jpg


家に帰ったら、家には雪の気配なし...でも夜になったらダニエラの家の周りも雪が降り始めました。
夜中にG.lucaと近所を徘徊...
c0021376_8171421.jpg

雪の中なので、結構明るく、公園の様子もカメラに収めることができました。
c0021376_8232217.jpg


そして、翌4日の写真です。
c0021376_8262647.jpg

風が吹いていたのか、松の幹には、左側だけ雪が....
c0021376_8273660.jpg

レモンにも雪がいっぱい...
c0021376_8301798.jpg


ものすごい貴重な経験ができたダニエラでした...次に見れるのはいつかなああ?
[PR]
by kanasakana | 2012-02-05 08:33 | コメント

ショック!

こんにちは、ダニエラです。

ショッキングなニュースが....
朝、起きてトイレに行ってみると床が水浸し!!
「ゲッ!また洗濯機壊れたか?」と思ったところに、水滴が頭に落ちてきました。

上を見上げてみれば....
c0021376_564378.jpg


続きはこちら
[PR]
by kanasakana | 2009-08-24 20:18 | コメント

バイクで事故!?

こんにちは、ダニエラです。

ちょっとショックなニュースが。

ダニエラのだんな様、ルカがおととい、バイクで事故ってしまいました。ぐすん。
ダニエラに迷惑かけたくなかったのか、ぎりぎりまで事故を起こしたことを隠したルカ。
電話では、「仕事で手が離せないから、あとで連絡する」といってました。
(実際は、救急車で病院に運ばれた後だった。)

ローマの環状線で、急に車線変更してきた車をよけてバランスを崩したようです。
というわけで、無謀運転をした車は、逃げてしまった模様。

でも、90キロで走っていたにもかかわらず、骨も折れてないなんて、本当に不幸中の幸い。
バックレられても、ぶつかって命に関わるよりずっといいもの。

だから、ポジティブに良かったねって言ってます。

ダーリン、早く良くなってね!
c0021376_18452459.jpg

(2009年お正月に皇居にて撮った写真。事故とは全然関係ないけど....)
[PR]
by kanasakana | 2009-08-06 21:58 | コメント

ダニエラ戻りました。

Ciao!ダニエラです。
随分長い間ブログから消えていました。(その間、ダニエラのダンナが一生懸命ブログを書いてましたが...)新しいブログ立ち上げ等もあったのですが、やはりこのブログに戻ってきました。
なぜかって?

それは、私のもっと大好きなものをイタリアから発信しようと思ったのです。
今後ともダニエラを応援してください!
では、皆様これからもどうぞよろしく!!
[PR]
by kanasakana | 2008-06-09 22:47 | コメント
c0021376_22212874.jpg


こんにちは、ダニエラです。
今年の夏は、結構日本人旅行者のお世話を引き受けることが出来ました。
日本からの皆さんのお世話は、いつも楽しくお仕事させていただいてます。(こう書いてもハンドルネームなので誰だかわからないか。)ローマから他都市に移動されたりしたあとは、その後どうされたのかなあなんて、考えたり。時々アクシデントもありますが、人に喜んでもらえる仕事なので、いいですよね。

今日もフィレンツェに向うご家族(あばあちゃん、お母さん、そしてお嬢さん。3代で旅行できるなんていいですよね。)のアシスタント。電車まで時間もあり、イタリアに長いんですか?に始まり、駅でつかの間の井戸端会議となってしまいました。

「イタリア人と結婚された日本人の方は、みんな旅行のお仕事をしてらっしゃるんですね。」
多分思われたことを何気におっしゃられたのでしょうが、ちょっと傷つきました。
外国人と結婚して⇒外国に住んで=旅行会社の仕事しか出来ない人、と見られたのかなって思ってしまったんです。うまく説明できないのですが、なんとなく、社会的に見て能力が無いような人に見られたって感じです。

しなきゃいいのに、ダニエラは、ここでイタリアの不景気なこと、就職についてのことを話してしまったのです。いやいや、日本の方にそんなお話しても、イタリアの状況は理解に苦しむでしょうし、第一、旅行に来た方に失礼だったかなあと、今になって大反省です。
(今回のブログはネガティブですねー。)


イタリアのいいところは沢山あります。
生きてるなあ、生活してるなあって実感があります。でも、裏をかえせば、余裕がないんですよ。日本で育った私にとっては、余裕や、保障がすごく大事で、それがないといつもどこか不安を抱えているということになります。もっとよーく人のこと考えてから発言をするように(イタリア人は、あまり考えず話すんだよね。ダニエラもイタリア人化したのかな?)、イタリアに来てからというものゆとりが無い!だったらせめて心のゆとりを少しでも取り戻そうと心に誓った前向きポジポジのダニエラでした。

c0021376_22365998.jpg
ローマで、辛いことがあったとき、悲しいことがあったとき、何よりダニエラを元気付けるのは、ローマの深い歴史のある風景です。今日は、全ての道はローマに続くのアッピアの写真を。。。何百年も何千年も建っている建物、遺跡を目の前にすると悩みが吹っ飛んでしまいますよ。だからローマの人は、みんな明るいのかも??
[PR]
by kanasakana | 2005-09-01 22:39 | コメント
Ciao, ダニエラです。コンピュータに向いすぎてヘロヘロです。
でも、やっと時間が出来たので、ブログの更新を一挙にします(笑)

ダニエラっていうと、もしかしてイタリア人??それともイタロジャポネーゼって思っちゃいますよね?
実は、私のカトリック名です。

カトリック信者になると、洗礼までにカトリックの名前を決めなくてはいけないのです。結構、皆さん悩んでますし、私もこれといってほしい名前がなかったので悩みました。
こんな時、主人がこんな話をしてくれました。
「実は、自分にはもう一人妹がいる。」と。
話をよくよく聞いてみると、主人の生まれた3年後、妹が生まれてきたのだけれど、死産であったんだとか。その後、両親、特にマンマはとてもつらい思いをしたかという話。今のあの二人からは想像も出来ないエピソードでした。その赤ちゃんは、青い目にブロンドの髪の毛だったとのこと。まさしく天使だったのかもしれませんよね。

そこで私。「これから血はつながってなくとも、家族の一員になる訳だから、だったらこの子の名、ダニエラをカトリック名に出来ないかしら?」
主人は、大賛成してくれ、後は彼の両親に聞いてみることになりました。

で、彼の両親はというと、初めは、死んだ子の名前でいいのかと、ちょっと躊躇っていたようですが、最後は快く承諾してくれました。


c0021376_8123950.jpg
堅信を受けているときの写真、パパ、マンマ二人が見守ってくれました。








この洗礼の式の後、マンマが私に言った言葉が今も胸に残っています。
「ダニエラ、これで、やっと私はあなたの第2の母になれたわね。」

お陰で、結婚後も嫁姑という関係のない私たち。(イタリアも姑問題はかなりだといいますし。)そうそう、カトリックの信者になろうと決意できたのも、マンマの信心深い、愛情深いそんな女性になりたいと思ったからなんですよね。
イタリア人とこれから結婚を考えている方、姑さんとの問題は確かに多いですけど、まあ、こんな家庭もありますからあまり気負いし過ぎないでくださいね。

c0021376_8104986.jpg


式の後、みんなで記念撮影。神父様は、カナダ人ですが、日本に30年以上もいらしたので日本語はペラペラです。
[PR]
by kanasakana | 2005-01-26 08:18 | コメント

カーニバル

c0021376_2136227.jpg

Ciao!ダニエラです。
ブログ書くの、久しぶりです。
実は、友人に頼まれていた翻訳で缶詰状態になり、その後こちらのインフルエンザにかかってしまったという始末。ローマで現在流行っているインフルエンザは、熱が出ず、鼻、のど、せきが出るもの。しかも熱が出ていないのに、歯まで痛くなります。

日本人ならインフルエンザを引かないようになんて考えますが、こちらでは、インフルエンザがはやっているなら引いてしまっても仕方がないというもの。インフルエンザで会社を休んでも、後でお医者様の診断書を出せば欠勤扱いにはなんないんですよね。勿論有給消化扱いにもなりません。だから皆さん、いい意味でも、悪い意味でも、寛容(?!)だったりします。

さて、先日主人宅へ夕飯を食べに行ったら、カーニバル始まったわよねといって、マンマがお菓子を出してくれました。この時期に食べる粉砂糖のかかったお菓子、フラッペでした。焼くのと、揚げるのがあります。

c0021376_21364473.jpg

こちらは、チョコレート付。

カーニバルは、やはりキリスト教に由来しています。
イースター、復活祭の名前は、日本人の方々でも耳にしたことがあると思います。この復活祭の前の40日間を四旬節と呼び、準備期間としているのです。昔はこの40日間、断食、苦行などをおこなっていたそうです。ですから、この四旬節の前にカーニバル(肉よ、さらば)として、大騒ぎをするんですよね。

イタリアでは、カーニバルはベネチア(ベニス)が有名ですが、ローマでも広場などで子供たちが仮想しているのを目にします。この時期は、お店にも子供の仮装用品が並んでいますので、お土産にもいいかもしれないですね。
[PR]
by kanasakana | 2005-01-21 21:54 | コメント

c0021376_1304052.jpg
(トラステーベレティベリーナ島にて撮影)
あけましておめでとうございます。今年はブログに本腰を。。。と思っていたのに遅くなってしまいました。こんな私ですが、今年もよろしくお願いいたします。

さて、初詣、ならぬ今年おとづれた最初の教会は、サンタチェチリアイントラステーベレ教会でした。お庭があって、教会内のモザイクも素敵な教会です。本当はサンタチェチェリアの像など有名なのですが、時期もあるので、プレセーペ(プレセーピオ)のことを載せようと思います。日本でもクリスマスにクリスマスツリーは飾ると思いますが、イタリアやカトリックの国では、その他キリスト降誕の場を人形で表したプレセーペを飾る習慣があります。
12月24日までは、赤子のキリストを置かず、25日になって初めて、キリストを加え、1月6日にキリストを拝みに来た博士たちを加えるというのがしきたりです。


c0021376_126404.jpg
←サンタチェチリアで飾られていたプレセーペ。1月6日に行った為、既に訪問者も加えられてました。
[PR]
by kanasakana | 2005-01-06 01:08 | コメント
Ciao!ダニエラです。もうすぐお正月ですね。皆さん、年末であわただしい日々を送られているのではないでしょうか?

クリスマスは、家族と。お正月は、友人と・・・・というのがイタリア流(?!)のすごし方。
今年は、トスカーナのアグリツーリズモで友人たちと、おいしい食べ物に飲み物でカウントダウンを予定してます。そして、・・・た、体重が気になる今日この頃でもあります。

では、皆さんどうぞ良いお年をお迎えください。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by kanasakana | 2004-12-30 23:08 | コメント